***第458回CBI学会講演会のお知らせ***

「創薬の多様化に対応するタンパク質構造観察技術の進化」

Tweet
開催趣旨
生理学的研究の進歩とともに、生体分子は想像以上に複雑に制御され、さらに生体内での構造多型あるいは動的挙動が制御のカギを握ることが明らかとなってきました。これら生体作用の分子メカニズムを理解し、医薬品開発へと繋げていくためには、創薬標的分子の構造を高精度に見ること、理解することが肝要となります。 本講演会では、実験系構造解析、コンピューティング構造解析、動的構造解析分野の先生方をお招きして、最新技術と創薬応用への可能性などについて御講演いただきます。
 
日時 2024年8月19日(月)13:00~17:30
場所 オンライン配信(Zoomウェビナー使用)
世話人 木下誉富(大阪公立大学),田中成典(神戸大学)、植松直也(大塚製薬)
主催 CBI学会関西部会
共催 NPO法人バイオグリッドセンター関西
連絡先: お問い合わせは、下記メールにお願いいたします。

情報計算化学生物学会(CBI学会)関西部会事務局

プログラム  

  1. 13:00-13:05 世話人挨拶

  2. 13:05-13:45
    「希少がん治療のためのヒット化合物獲得まで 〜クライオ電顕・NMR・MD〜」
    岩崎憲治(筑波大)

  3. 13:45-14:15
    「放射光タンパク質結晶構造解析 測定・解析最前線」
    平田邦生(理研播磨)

  4. 14:15-14:45
    「溶液中分子観察により見出された蛋白質の運動性と機能相関
    最近の電子回折によるナノ結晶解析例」
    松本崇((株)リガク)

  5. 14:45-14:55 (休憩)

  6. 14:55-15:35
    「AIによるタンパク質構造予測と創薬支援計算」
    大上雅史(東工大)

  7. 15:35-16:15
    「計算機を用いたタンパク質の設計・改造」
    小杉貴洋(分子研)

  8. 16:15-16:55
    「MDシミュレーションによる創薬研究」
    森次圭(大阪公立大)

  9. 16:55-17:25  パネルディスカッション

  10. 17:25-17:30  世話人挨拶

講演会参加費
(種別) (料金)
法人会員 無料
一般 個人会員A 無料
個人会員B \3,000
非会員(一般) \10,000
学生 学生会員 無料
非会員(学生) \1,000

・キャンセルの場合、2024年8月12日(月)までにご連絡いただければ手数料を差し引いて返金します。
それ以降は講演会参加費のキャンセル返金はできません。
・締切日(開催日一週間前)にコンビニ決済を選択すると5日間の支払猶予期間があるため、最長開催2日前まで支払いを延期できます。
ただし、支払いが完了しないと正式な参加申し込みとはならないため定員オーバーで参加できない可能性があることをご容赦願います。
・参加費が無料の方も、キャンセルされる場合は、なるべく早く   にご連絡ください。こちらでシステムから取り消します。
参加申込み 
7月1日から受付を開始します


お問い合わせ
◆情報計算化学生物学会(CBI学会)関西部会事務局